岡山県・岡山市・産婦人科・乳児検診

チャイルドセンター(小児科)

HOME  >  チャイルドセンター(小児科)

小児科

外来受付時間

小児科では、新生児・乳児の定期健診、予防接種、育児相談を中心に診察を行います。
新生児が多くおられますので、発熱、嘔吐、下痢など感染の疑いがある病児の診察は、お受けできませんので、ご了承ください。なお、ご不明な点は、小児科診療時間内にお電話でご相談ください。

【ももレディースクリニック チャイルドセンター】
086-903-2248

担当医師 小橋 ひろみ

午前 9:00~12:00 ×
午後 3:00~6:00 × × × ×

※受付は、診察終了時間30分前までとさせていただきます。

※診察の予約電話または、ご来院の際にお取りください。

乳児検診

生後1ヵ月・3ヵ月・5~6ヵ月・9~10ヵ月・1歳で身体的・精神的な成長を診させて頂きます。

育児相談

赤ちゃんに関して、ちょっと気になるあんな事・こんな事・どこに相談すればよいのか分からない事など、何でも言って頂ければ全力で対応させて頂きます。
何か困った事があった時に「そうだ、ももに行ってみよう」と思って頂ける診療所になれたら嬉しいです。

予防接種とは

4年前から赤ちゃんが受けなければならない予防接種の種類が多くなりました。生後2ヵ月から5~6ヵ月までは、ほぼ1ヵ月ごとに5~6種類のワクチンを計13~15回も 接種しなければなりません。
お母様方が混乱しないように、しっかりと説明をし、接種の予定を立てさせて頂きます。
予防接種とはワクチンを接種して、免疫(病気に対する抵抗力)を作ることにより、発病を予防したり、症状を軽くしたりする方法です。 お子さんの健やかな成長のために、予防接種について正しい知識を持ち安全に受けられるように医師にご相談ください。

罫線

予防接種を受ける前に注意したいこと

  1. 接種の前日は入浴させ身体を清潔にしましょう。
  2. 接種当日は、朝からお子さんの状態をよく観察し、普段と変わったところがないか確認しましょう。
  3. 清潔な衣服を着せ、お子さんの状態をよく知っている保護者が同行しましょう。
  4. 予診票はお子さんを診察して接種する医師への大切な情報です。正しく記入しましょう。
  5. 母子健康手帳には予防接種の大切な記録を記入します。忘れないように持参しましょう。
罫線

医師との相談が必要な場合

  1. カゼのひきはじめの症状のある方
  2. 今までに薬によるアレルギー症状が出たことがある方
  3. 他の予防接種を受けたとき、異常がみられた方
  4. 最近、周りの人が麻しん、風しん、おたふくかぜ、水痘などにかかっているとき
  5. 心臓病、肝臓病、腎臓病、血液の病気などの持病がある方
  6. 低出生体重児などで、発育について医師に指導を受けている方
  7. 今までにけいれんを起こしたことのある方

その他、気になることがある方は、遠慮なくご相談ください。

罫線

予防接種を受けれない場合

  1. 37.5度以上の発熱があるとき
  2. 急性の病気にかかっているとき
  3. 医師が診察し、不適当と判断したとき
罫線

予防接種を受けた後は

  1. 接種後30分間は、接種を受けた場所でお子さんの様子をみましょう。急な副反応はこの間に起こる場合があります。
  2. 接種当日は、はげしい運動等は避けましょう。
  3. 接種部位は清潔に保ちましょう。入浴は差支えがありませんが、接種部位を特にこすることはやめましょう。
罫線

当院で行っている予防接種

定期予防接種

予防接種名 対象年齢 接種回数
B型肝炎 生後2ヵ月から 3回
ヒブ(インフルエンザ菌b型) 生後2ヵ月から 4回
小児科肺炎球菌 生後2ヵ月から 4回
4種混合 生後3ヵ月から 4回
BCG(結核) 生後5ヵ月から 1回
MR(麻疹・風疹) 生後12ヵ月から 2回
水痘(みずぼうそう) 生後12ヵ月から 2回
日本脳炎 3歳から 4回
2種混合 11歳以上13歳未満 1回

任意予防接種

水痘、おたふくかぜ、インフルエンザ、ロタウイルス、など

  • 産婦人科TV
  • 当院で産まれた赤ちゃんをご紹介
  • ベッドサイド端末
  • 今月の教室スケジュール
  • ももクリブログ
  • スタッフ募集
  • 院内食のレシピ