岡山市 産婦人科 分娩 出産 母乳育児 不妊症 更年期 性感染症

当院でのお産について

HOME  >  当院でのお産について

お産について

 

安心で安全な分娩 
自然分娩を主体として自分の望む
分娩スタイルが取り入れられるように
努力いたします。
母乳育児
母乳育児が出来ますように
援助いたします。
育児支援
母子共に健やかに、
楽しい子育てが出来ますように
支援いたします。
安心で安全な分娩について

当院自慢の経験豊富な助産師、看護師が個人個人にあった柔軟な対応をいたします。
産婦さんが一人きりで不安となるようなことはまずないと思います。

立会い出産をすすめています。
現状では8割くらいの方が、ご主人あるいはお母様などの立会いのもと出産されています。家族の方がおられることにより、孤独感が薄れ、よりリラックスしてお産が迎えられると思います。また、ご主人の父性意識の確立にもいいと言われています。なお、ご主人とお母様以外の立会いの際は助産師にご相談下さい。あまり多人数の立会いは感染予防の点から好ましくありません。

出産直後の赤ちゃんとの触れ合いを大切にしています。
当院では出産後すぐに、赤ちゃんをお母さんの素肌の胸の上に抱っこしていただいています。従来は、赤ちゃんは処置などのために、お母さんと引き離されることが多かったのですが、当院では、お母さんは、この肌と肌との触れ合いを通して、出産の喜びを実感し、赤ちゃんに対するいとおしい感情を深めることができるでしょう。ただ赤ちゃんの状態によっては、触れ合いができない場合もありますので、ご了承下さい。

当院でお産される方にはバースプランを書いていただき、お産に対するご希望をお聞きしています。
入院後担当スタッフから再度確認させていただきます。
納得のいく素晴らしいお産を目指して常に相談し、協力しながらサポートさせていただきます。

母乳育児について

母乳育児は自然で楽しいものです。母乳にはいい点ばかりで悪い点はほとんどありません。
無理なく、楽しくおっぱいをのませましょう。当院では母乳育児継続のため最大限のサポートをします。

母乳のいい点
1)母子関係の発達や乳児の精神発達を促す。
2)免疫物質が含まれており、乳児を病気から護ることができる。
3)出生後より中枢神経系が著しく発達する乳児に必要なアミノ酸、必須脂肪酸が多く含まれている。
4)蛋白や脂肪の消化がよく、胃や腎臓への負担が少ない。
5)母の子宮の回復を促す。
6)アレルギー性疾患が少ない。
7)経済的かつ簡便。
8)歯やあごの発達をよくする。

母児同室
当院では赤ちゃんが生まれたその日から、お母さんと同じ部屋で過ごしていただいています。お母さんといることで、赤ちゃんは安心、安全を感じ取り、お母さんもいつでも眺めたり、抱いたりすることで母性にスイッチが入り、母乳の出もよくなるといわれています。ただし、疲れて眠りたい場合などは新生児室で赤ちゃんをお預かりすることも可能です。

育児支援について

退院後も体重チェックや母乳外来を通して、お母さんの子育てをサポートさせていただきます。また離乳食教室や親子サークルなどの教室を開催して、他のお母さんとの交流の手助けもします。

その他知っていただきたいこと

妊娠、分娩は病気ではありませんが、人生の中ではとても大きなイベントです。当院ではできる限り、自然な形で分娩し、産後のひと時をゆっくり休んでいただき、その後の育児という大仕事に備えていただきたいと考えています。
自然分娩とはいえ、お産では時に急変される場合があり、その時は医学的な処置を必要とします。しかもその処置は急を要することが多いため、こちらで行っている事について、あらかじめお伝えし、御理解をいただきたいと思います。

会陰切開について
分娩は母体と胎児に異常がなければゆっくりと進めて、会陰の伸展を図り、会陰切開せずにすめばと思います。しかし、状況によっては早く分娩にしないといけない場合や、伸展が悪く裂傷がいきそうな場合、切開をした方がいいと思われます。切開が必要と思われれば、こちらからお話し、局所麻酔をさせていただく予定です。しかし、急な場合、そのお話もする時間がないこともありますことを御了承下さい。当院の縫合糸は吸収糸で、縫合も埋没縫合という抜糸のほぼ必要ない方法で行います。

陣痛促進剤について
陣痛促進剤を使う必要があるのは下記の場合です。
①分娩の自然な経過で、陣痛が弱くなり、分娩の進行が停止する時。(微弱陣痛)
②破水をして長く陣痛が来ず、感染が心配な時。
③予定日を1週間過ぎても陣痛が来ず、胎盤の機能低下が心配な時。

※陣痛促進剤の使用については、無理な使い方をすると、過強陣痛、子宮破裂、胎児機能不全等の危険がないわけではありません。必要になった場合、医師のほうから説明させていただき、同意を得て、陣痛の強さ、母児の状態を慎重に観察しながら使用させていただきます。

急遂分娩について
何らかの理由で、胎児、母体に危険が出てきた場合、急いで胎児を娩出させないといけないことがあります。その場合、分娩近くであれば、陣痛に合わせてお母さんの子宮底を押したり(クリステレル圧出)、吸引分娩を行います。すぐに分娩にならない場合、帝王切開に切り替えることもあります。必要性が出てきたら、その時点でお話させていただきます。

母体搬送について
当院での対処が難しいと判断された場合は、NICUのある大きい病院に搬送させていただきます。
現在、連携している病院は、岡山大学医学部付属病院、岡山医療センタ-、倉敷中央病院、岡山赤十字病院、岡山済生会総合病院等です。

赤ちゃんの聴覚検査と血液型検査について

生まれつき耳の聞こえが悪い赤ちゃんは、約500~1000人に1人といわれています。その場合、早く発見して適切な援助をすることで、言葉、心の成長を助けます。当院では、赤ちゃんに聴覚検査をお勧めしています。入院中に短時間で安全に行える検査です。検査費用は5540円ですが、岡山県に住民票のある方は、県の負担があるので、実費は2700円です。
また赤ちゃんの血液型はこの時期100%確定されたものではありません。ご希望の方には先天性代謝異常(ガスリー)検査時に採血します。費用は3500円です。

入院案内

入院時必要なもの

当院でお産セットを用意させていただいております。

【セットの内容】
ナプキン(大、中、小)、乳帯1枚、産褥ショーツ1枚、バスタオル1枚、フェイスタオル2枚、ボディータオル1枚、ヘアブラシ、歯磨きセット、ティッシュ1箱、スリッパ、赤ちゃんのお尻拭き
不足したものは院内自販機で市販のものよりお安い価格でお求めいただくことができます。

その他、下記のものを御自分で御用意してください。
パジャマ(授乳のしやすいもの) 2組
産褥ショーツ2枚ほど
印鑑、親子手帳、保険証
退院時のベビー服(季節にあった物)
赤ちゃん用のガーゼハンカチ

病室、設備について

個室が原則です。
シャワー(シャンプー、リンス、ボディーソープあり)、トイレ(ウォシュレット付き)、洗面台完備。 帝王切開などの術後、切迫早流産用に電動ベッドが6台あり、その他の洋室はセミダブルの広いベッドです。特別室はダブルベッドになります。和室も3部屋あります。 (なお、フェアリー館に2人部屋もご用意しました)
液晶テレビ、冷蔵庫、ドライヤー、目覚まし時計、サーキュレーター、ロッカー、金庫も完備しています。また無料で加湿器、電気ポット、DVDプレーヤー(ソフトも少しですが用意があります)を貸し出しています。
2階にコインランドリー・飲料の自販機、身の回りの物の自販機があります。
全館 Wi-Fiを完備しています。

院内でのマナー

敷地内は、赤ちゃんとお母さんの健康のため全面禁煙です。
喫煙が分かった場合、退院をお願いすることになると思います。
携帯電話は使用可能ですが、LDR・手術室での使用はお控え下さい。
駐車場は現在48台あります。

面会と母児同室について

面会時間は午前10時から午後8時です。
ただし、分娩時や事情のある方はそれ以外でも可能です。2階スタッフステーションにご相談ください。

当院では、できれば母乳での育児をしていただきたいと思っています。そのために、母児同室をお薦めします。
母児同室を維持するためには赤ちゃんへの感染予防が重要で、皆様のご協力が必要不可欠です。
以下の注意を是非お守り下さい。

  • (1)面会の方が赤ちゃんに触れる際は、手洗いをお願いします。病室に消毒液も用意していますのでご使用下さい。
  • (2)患者さまの上のお子様以外の、親戚やお友達などの小学生以下のお子様(特に咳、発熱、発疹のあるお子様)、風邪などで体調の悪い方のご来院は極力お控え下さい。どうしても面会したい場合は、赤ちゃんは新生児室でのガラス越しの面会となります。

ご面会の際はレストラン(3階)もご使用できます。挽きたてコーヒーの自販機も用意しています。
プライバシー保護のため病室ドアにお名前を表示していません。スタッフステーションにてお尋ね下さい。

ご家族の宿泊について

お母さんと生まれた赤ちゃんのハネムーン(ふれあい)を大切にし、赤ちゃんへの病原体の感染を予防するために、上の子供さんやご主人の宿泊はその都度ご相談させて下さい。無制限にすると、防犯の面からも好ましくありません。
(食費、寝具代は別途かかります)

分娩費について

○分娩費について
初産婦の方  約47万円 6日間の入院
経産婦の方  約44万円 5日間の入院

上記金額には個室料、食費、お産セットなどほとんどのものが含まれます。特別室は2室あり、1日5400円追加となります。
上記は標準的な入院期間の費用で、入院期間が延長した場合や時間外費用、薬剤費などは追加費用が必要となります。
上記金額に産科医療補償制度の費用として+1.6万円(平成27年から)をお預かりして日本医療機能評価機構へ振り込みます。

○予約金について
妊娠10ヶ月になった頃、分娩予約金50,000円を納めていただきます。
これは、退院時にご清算させていただきます。

○出産一時金直接支払制度について
健康保険(国民健康保険、社会保険)に加入されている方は、赤ちゃん一人につき42万円の支給が受けられます。
出産一時金直接支払制度を利用されると、出産一時金(42万円)が医院に直接振り込まれますので、退院時の現金のご用意が少なくて済みます。
出産一時金直接支払制度につきましては、妊娠10か月になった頃受付にて説明させていただきます。

里帰り分娩される方へ

【Step1】妊娠5か月ごろまでに分娩予約
妊娠5か月ごろまでにホームページより分娩予約をお願いいたします。メールで予約の完了をお知らせします。
それまでに予約が定員に達しましたら、お受けできない場合もあります。なお電話での分娩予約も可能です。

【Step2】34週ごろまでに診察予約の上、転院
34週ごろまでに電話かネットにて診察予約のうえ、紹介状をもらって、当院で健診を受けてください。
転院がどうしても34週以降に遅れる方は、電話で連絡ください。

分からないことは
診察時間内に電話でお問い合わせください。

食事について

~ 厨房より ~

私たちは、ご出産からご退院までのお食事を、おもてなしの心を大切に『一期一会』で、お客様をお待ち申しあげております。

専属の栄養士がカロリー計算し、心を込めて調理しています。安心してお召し上がり下さい。
また、特別食は、ヒレ肉ステーキランチ、和食御膳の2回御用意しています。

『美味しさの基準』は人により、また体調により、変化します。
私たちはお客様それぞれの体調に合わせた、食事のサポートを臨機応変にさせて頂きます。
嫌いなものや、アレルギーなどありましたら遠慮なくお申し出下さい。

常食

常食

おやつ

特別食

  • 産婦人科TV
  • 当院で産まれた赤ちゃんをご紹介
  • ベッドサイド端末
  • 今月の教室スケジュール
  • ももクリブログ
  • スタッフ募集
  • 院内食のレシピ